?からはじまるポストカード


直接伝えるのが恥ずかしかったり、真面目すぎるのも嫌だったり、
なによりも相手に楽しんだり喜んだりしてほしいなと思った時に。
暗号で、言葉を届けてみませんか?

  1. 送る相手を思い浮かべながら、届けたい言葉を考える。
  2. ポストカードを選んで、ワクワクしながら暗号に変換する。
  3. ポストに投函、直接渡す、そっと置いておく、などなど。
  4. 送られた相手が、「ん?」となる。
  5. ?からはじまるコミュニケーションを楽しむ♪

特徴

想いを届ける言葉に、あそびごころを足すことができます。

相手に想いを伝えるいろいろな言葉があります。
「おめでとう」
「いつもありがとう」
「これからもよろしくね」

もちろん直接伝えることは素敵なことです。
でも、相手との関係性や相手の性格、カードを渡す状況によっては、ちょっとあそびが含まれていると、さらに喜びが増えたりします。

突然暗号文が届いて、びっくり。
解読の方法がわかって、すっきり。
解読された言葉を読んで、ほっこり。

1人で暗号を解くのが難しい時は、誰かと協力して挑戦しているかもしれません。
「送ってきた暗号なんだけど、ヒントがほしい」と、連絡がくるかもしれません。

言葉を暗号に変えてみることで、新しく生まれるコミュニケーションがあります。

暗号の作り方は1枚1枚ちがいます。

暗号の作り方は、1枚1枚ちがいます。
暗号を解くためのヒントは、絵と言葉の中に隠されています

たとえば、こんな暗号を作ることができます。

カラフルな文字で動物の名前がたくさん書かれています。
必要な文字とはいったい何のことでしょう。


表は雪のイラストと、In the snow ゆきのなか という言葉です。
この絵と言葉に、暗号を解読するヒントが隠されています。

裏側にはカラフルな文字。
なぜカラフルなのでしょう。。。

さあ、わかりましたか?


ゆきのなか という言葉がヒントです。

かまくらは、雪の中なのにあったかいですね。

メリークリスマス
※かまくら(雪)の中の色(オレンジ色)の文字

全部で8種類の暗号が作れます

ポストカードは全4種類。
1枚につき2つの暗号の作り方があるので、全部で8種類の暗号が作れます。
どんな暗号が作れるのかは、同封の用紙に書かれています。

購入

?からはじまるポストカード
4枚セット(4種類が1枚ずつ)
600円(税込・送料無料)
※2セット以上の購入で100円OFF