コミュニケーションの可能性

?!♪と、点と線

?と!と♪


セレンディピティスタでは、コミュニケーションを考える時に、?(好奇心)と!(体験)と♪(感情)の3つの記号を使っています。

?!♪を使う理由

全年齢を対象にできる

人は年齢に関係なく、?!♪をもっています。
セレンディピティスタの活動では、こどももおとなも一緒に楽しむことができます。

言葉以外のものを大切にできる

「あれ?」と不思議に思うことや、クスッと笑うこと。
1人ひとりの感情や行動を大切にできます。

点と線


人や場所を表す時は点、点と点との関係を表す時は線を使っています。

3つの関係性

まだ線がない場合


存在を知らなかったり、興味をもっていない場合は、コミュニケーションは生まれず、まだ線はありません。

実線の場合


お互いを認識している場合は、線が生まれます。

点線の場合


ほどよい距離や余白が生まれます。
セレンディピティスタでは、点線を大切にしています。

?と点線


未知のものと出会ったり、選択をしたり、いつもとちがう見方をしたり。
?は、いろいろな点線を作ることができます。

?を増やすためのいろいろな取り組み

あんなこんな
あんなこんな な 説明書
いろあいの森
?からはじまるポストカード
オーダーメイドの謎解き
いりぐち探偵団
あちこち日和(ただいま準備中)
あそびん ぷち(ただいま準備中)

シェアする

フォローする